キッチンの水道工事

キッチンにおいても昨今の進化には目を見張るものがあります。システムキッチンと呼ばれている機能的なキッチンが主流を占めています。昔のようにただ蛇口から水が出るだけではありません。給湯器と連動して適温のお湯が出ます。蛇口はシャワーに切り替えられるものがついており、はずせて伸び縮みさえします。ビルトイン型の食器洗浄器がついているものも珍しくありません。そんな多機能のキッチンであるため、それに伴う水道工事にも注意のポイントがいくつかあります。

■蛇口や混合栓の水漏れ

キッチンの蛇口は開け閉めの頻度が格段に多く消耗しやすい部位の一つです。パッキンと呼ばれる柔らかいプラスチック製のリングが繋ぎ目からの水漏れを防いでくれています。このパッキンの形状やサイズを適切なものにしていないと摩耗が早くなり亀裂が生まれて水漏れにつながります。また管の繋ぎ目にはシールテープと呼ばれているものを管のねじ溝にしっかり捲いてから繋げないと水漏れが発生しやすくなります。このような細かい作業を一つ一つ丁寧に行なうことで水漏れの起こりにくいキッチンができます。

■シンク下や排水口の詰まり

次に起きやすい問題点がシンク下や排水口からの水漏れです。排水口から下は管が蛇行しており一度上へ向かってから再度下へ向かう形状になっているのが主流です。これは蛇行している部分にたまった水が下水からの匂いを塞ぎ止めてくれたり、ネズミなどの小動物の侵入を防いでくれたりしてくれるためです。
ただし、この曲がっている形状のため油などが付着しやすく詰まりやすくなります。そのため、こまめに掃除をする必要があります。現在では専用の洗浄剤が安価で売られているので、定期的に洗浄することがおすすめです。ただし洗浄を怠けて詰まりがひどくなると洗浄工事もしくは配管の交換を業者にお願いしなければならなくなります。

■まとめ
システムキッチンの進化は日々続いていますが、水道 工事においては従来通りの基本工事をしっかりと行うことが求められます。新品でサイズ等が適合したパッキンの使用や、シールテープを繋ぎ目ごとに使用することなど、水漏れ対策を慎重に行なうことが、キッチンを長持ちさせる秘訣になります。
また使用者においても、日々のお手入れを面倒くさがらずに行うと、ムダな維持費がかからなくて済みます。朝昼晩と使用頻度の高い水回りなだけに工事への気配りはもちろんのこと、使用後のメンテナンスを欠かさず行うことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ